-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-01 16:50 | カテゴリ:長崎de遊ばんば
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

今年の唐八景公園での、ハタ揚げ大会は4月5日だそうです。

毎年話題にさせてもらっているのですが、ハタ揚げってけっこう存在事体が危機的じゃないかと思われるからです。

私が住んでいるところでは、電線の関係で、凧揚げ推奨されないです。

凧揚げが推奨されないということは、凧揚げという遊びはあか~んと言っているようなもんです。

そして、電線がダメならば、電線のないとこへ~ってないとこってどこよ~って感じなのです。

こういったところがきっと多いのではないかと思います。

凧、カイトなどが遊びとして、子ども達に推奨されなければ、必然的に、その文化は衰退してしまうのではないでしょうか・・・。

長崎の凧は「ハタ」と言われ、オランダ商船が出入りしていた時代、

その従者が船上や岸壁で凧を揚げているのを見ていた長崎の人が「それはなんね?」と、聞いたところ、

「パタン」という言葉が返ってきて、
その人はインドネシアの人で、インドネシア語で凧は「パタン」と言うらしい。

その「パタン」、長崎の人には「ハタ」と聞きこえたらしくて、凧が「ハタ」という言葉になったそうな~。

「ハタ」の裏に、インドネシアが一枚噛んでいたとは・・・「旗(ハタ)じゃないんだね」(^▽^;)

長崎のハタ揚げは合戦なので、相手のハタを落とすことを目的として揚げるのですが、合戦形式って調べたら、浜松しか見つからなかったです。他にやってるところあるのかな?

娘と息子は、自分が凧あげればそれでおしまいって思っていると思います。

そんなところも、文化伝わってないよ~

自分だけで楽しむものが最近主流になっている子ども達の遊び。

でも、その裏には、お友達と遊べる環境が崩れていっている・・・というのも少なからずあるのではないでしょうか。

広場がないもんね。凧揚げに関しては、電線のせいで、できないところの方が多いです。

今、電線地中埋めたりしているようでうすが、そうすると、凧揚げできるようになるのでしょうか・・・。

↓2年ほど前、諫早運動公園で、ビニール袋を利用した凧を作って、それを揚げて息子は大喜びしてました。もっとちゃんとしたのをしかるべき場所でいつか、揚げさせてやりたいのですが~(^^;)
凧揚げ

長崎のハタ屋さん、小川ハタ店というところが、有名なのですが、
↓youtubeで小川ハタ店を紹介している動画を見つけました(^^)/


いつごろからか、もう一軒できたんだそうです。
大守屋さんっていうんだって。➡こちらで見つけました。HPはこちら

長崎のハタ合戦で、おっちゃんたちの掛け声「ヨイヤー」を聞いて、全国で凧揚げ、ハタ揚げ遊びの復活となったらいいな・・・と、私は思っています。
関西はおばちゃんかもしれませんが、長崎はおじちゃんが文化引っ張って頑張っているような気がします。
長崎のおじちゃんは、ハタ揚げで「ヨイヤー」と叫び、くんちで「モッテコーイ」と叫ぶ
若者にはなかなか難しいです。人前で叫ぶの・・・(^^;)

でもこうやってイベント盛り上げたり、場を盛り上げたりして現在に至る、なんだと思います。

そうやって引っ張ってきた文化なので、ぜひ今後も続いてほしいなぁと思っているのは私だけでしょうか?

子どもって案外シンプルな遊びが好きみたい・・・と思うのは私だけ?
シンプルな遊びを好むのはうちの子だけかな?

遊ぶところがなかったり、ご近所関係が疎遠になったりしていて、お友達と集まることが難しくなったからゲームとかに走ってるんじゃないのかな~?と思うのは私だけの私見でしょうか?

ハタ揚げ・・・いい文化だと思うけどなぁ・・・。

4月5日(日)
唐八景公園にて長崎ハタ揚げ大会
10時~午後3時
雨天の場合4月12日(日)に延期
だそうですよ(*^-^*)





スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/768-e050cd82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。