-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-29 23:35 | カテゴリ:長崎de生きらんば
ジャンル:ブログ テーマ:伝えたい事
順天姉です。

山口・島根県では記録的大雨で、降り始めからの雨量は、島根県津和野町で381ミリ、山口県萩市須佐でも351ミリと観測史上最大を観測するなど、約半日で1か月分を上回る雨が降ったそうです。

長崎市生まれの私は、こんなニュースを見聞きするたびに「長崎大水害」を思い出してしまいます。
31年前の7月23日、20時までの1時間に187mmと、1時間降水量の日本記録となる値を観測したそうです。

31年経った今でもまだまだ自分がその時見たニュースや、外の状況や、雨が上がった後の状況は鮮明に覚えています。

ウィキペディアには、
「長崎市内では23日夕刻までの小雨模様が急変し、夕食や帰宅時間帯に100mm前後の猛烈な雨が集中。

長崎海洋気象台は、雨脚が強まる前の16時50分には大雨警報を発して厳重な警戒を呼びかけたものの、折悪しく連日の警報に慣れた市民の多くは事前に対策を講じることなく、市民生活を完全に麻痺させた。(長崎の人、危機感少ないからな~(-_-;))

また、斜面都市としての長崎市の特性が災いし、「水害」の名とは裏腹に土砂災害による犠牲が溺死者を大きく上回ったのが長崎大水害の特徴で、長崎市内の死者・行方不明者299名のうち、およそ9割にあたる262名が土石流や崖崩れによるものであった。(崖崩れ今でもあやしいような気がしますが・・・毎年大雨でどっかが土砂災害だもんね。)

雨の降り方は激烈を極め、夜間、停電という悪条件が重なり、住民の避難の足が鈍っていたところを、短時間での冠水により、車やバス、電車の立ち往生、橋梁流失や土砂災害による交通寸断が短期間に起こり、なすすべがなかった。(浜の町の場合、中島川が近くにあり、降った雨を流下させる能力以上の雨が降ったらしいです。で、あふれだした~。浜の町の近所の眼鏡橋も一部壊れちゃったり・・・でもいつのまにかきれいに復旧されていました。海も近いし、ホントは水の災害とは隣合わせの市なのでは?しかし、なんだか呑気な雰囲気の市なんだよね~)

通信の輻輳や寸断で行政当局に救助を求める通報すらままならず、通報を受けた行政側も救援思うに任せず、被害は拡大していった。(一夜明けたら茂木地区は孤立地帯になってました。)」

と、ありました。
なるほど~後にはこういう風に書かれるんですね~。その時は全体をまったく知らないんで、その場を乗り切るしかない。そして一夜明けたら、とんでもないことになっていて・・・。

当時学生だったのですが、水害なんてまったく知らなかったので、まさかこんな状況になろうとは・・・って感じでした。夏休みに入ってすぐの出来事だったのですが、その年の夏休みは水害ニュース一色で、水が引いた後の惨状は泥と異臭で、これから先どうなるの?

と、思ったものでした。

浜の町アーケードの中のほとんどのお店は水が大人の胸くらいまで浸水したらしく、浜の町は商店街なので、お店の商品が泥だらけになって道の路肩に並べられていました。

が、9月頃になると、ぼちぼちお店も動き出し、浜の町アーケード付近に食事に行った際、店主が「ここまで水のきたとさ~」と、壁にマジックで水位を示した線が書かれてある所を見せ、鼻高々って感じで言っていました。(生き抜いたって感じでした~^^;)

泥だらけになっても、商品がだめになっても、また立ち直る姿を私は見ました

人は生きて行くしかないので、これでもか、これでもかと立ち直らなければと思うのですが、できることなら、立ち直る時、少しでも楽な方がいい・・・と思います。
となると「危機意識を持つ」という事になるのでしょうか・・・。

今日ニュースで見たのですが、8月30日0時から、気象庁は「特別警報」という今までの警報に加えさらに重大な災害の危険性が著しく高まっている場合に発表するらしいです。

東日本大震災や伊勢湾台風、平成23年台風第12号などがこの特別警報に相当するものらしいです。

今年は山口・島根だけでなく、先日は山形県でも水害が・・・。
昨年は和歌山県も大変だったし、毎年どこかで水害が起きています。

なんだか今年は風が強いような気がしますし、台風ひどいんかな~?なんて思ったりして・・・。

これだけの水害を経験し、こんだけ地球と共に生きてきている私たちなので、なんとか同じ被害を繰り返さないようにならないかな~なんて思ってしまいます

↓浜の町アーケード、こんな感じ。水害の時は水に浸かった商品で使えそうなものが安くで売ってました^^;このアーケードの中に好文堂さんという本やさんがあるのですが、HPに水害時の様子がアップされていましたよ→こちら
浜の町アーケード

↓長崎大水害で中島川が氾濫し、中島川にかかる眼鏡橋を含む石橋群が、壊れちゃって、この川の石垣もその時整備され、ハートストーンも組み込まれたのでは?なんて話を聞きました。故意?それとも偶然?かはわかりませんが~。
ハートストーン
ハートストーン2
↓昔確か、こんな感じの石垣だったと思うけど~。
中島川の石垣

今ではそのハートストーンを全国の方が見に来てくれる~
転んでも~ただでは起きない長崎市~♪





スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/621-94fccbe7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。