-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-21 17:32 | カテゴリ:長崎de食べんば
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

トルコライスというものに、トルコの方々がイスラム圏では豚肉は食べないし、ワンプレート料理はありえへんで~って事が「トルコライスの母国で難色」というタイトルの「難色」の言葉がきつかったようで、いろんな話題になっていたようですが、その事がきっかけだと思うのですが、トルコライスの日とされていた9月16日と、トルコライス推進月間(9月)を取りやめる動きになったそうです。

この記事が出された後、「場はやわらかな雰囲気でのやりとりであった」という事が出ていましたが~、このような結果になったようです。

長崎新聞配信の記事によると、
『長崎市ながさきの食推進室は「抗議を受けたわけではないが、『(われわれにとって)9月16日は殉職した人を思う聖なる日』との指摘もあったことを重く受け止めた。遭難事故をめぐる『友好』の側面に着目したのだが配慮が足りなかったかもしれない」としている。』

他、ネット上で「トルコ料理と直接関係ないなら名前を見直すべきだ」なんて意見も相次いだと書かれていました。これも大げさな表現なのかはよくわかりませんが・・・^^;

しかし、トルコという国に配慮したというのはトルコにとってもトルコライスにとっても良かったのではないかと思います。この行動がトルコの方々にとって長崎からの「愛」というふうに受け取ってくださったらいいのですが~。

トルコ話が盛り上がるなら、2011年8月8日に、イスラム教徒なのに、トルコの方々が浦上天主堂を訪問された事の方がめっちゃすごいニュースだったのに~と思います。(なんだか盛り上がりがいまいちだった・・・と思います。私はひとりすげ~と思っていましたが~)

イスラム教の方がカトリックの教会に足を踏み入れ、その後長崎の鐘も鳴らしているのを見ました。

↓たまたま浦上天主堂にいて(実は雨に降られて雨宿りしていたんです・・・(>_<))、ものものしい雰囲気だったので、見ていたところ、トルコのイスラム教の方々がやってきました。後で知ったのですが、イスラム教の人が浦上天主堂の中に入るのは初めてだったんだとか。

↓で、その後長崎の鐘のところでも見かけました。宗教を越えて平和への祈りをささげている瞬間を見た!って感じでした(*^^)v中央の女の人すんごいきれいだった~スタイルも良かった~(あれ?どこ見てんの~^^;)
平和公園 イスラム教

宗教によっていろんな決まりごとがあると思うのですが、その枠を乗り越えた瞬間をたまたま見て、感動~・・・しかし、感動したのは後の話で、見た時は、どうした?なんがあったん?って感じで、イスラム教徒の人は色白でとっても男前で、神父様と後からみえられた住職?様とは違う・・・なんて思っていたのでした~あああ~不謹慎~(>_<)

で、調べてみると「リンデンの長崎ケルン」というブログでその謎が解けたのですが・・・→記事こちらこちらです。

トルコの方々と日本のきっとあちらこちらの団体や個人では、友好を深めているのだと思います。

トルコライスの「トルコ」という部分にこだわらず、長崎の料理として美味しく食べたらいいのではないでしょうか・・・(→でーぐーさんにも料理の名前だからいいじゃんってコメントいただきました。こちらの記事のコメント欄です。)

「正しい日の過ごし方」を書かれている心づくしさんに、事の真相を知る方のブログも教えてもらいました。→こちらです。

で、心づくしさんの記事はこちらです。

トルコライスはすでに多くの方々に知ってもらっているようで、私が住んでいる関西のスーパーには「長崎風トルコライス」というお弁当がたまに出ています。その横に福井県の「ボルガライス」が並んでいたりします。(おお~トルコライスに似てるじゃんって思いましたが、きっと福井県の人はトルコライスってボルガライスのパクリじゃんって思っているかもしれな~い^^;→ボルガライスこちら~♪名前の由来がロシア?イタリア?とはっきりしないところも似てる~。でも隣に並んでいたという事は他県の人にとっては同じような感じなのかも~(^_^;))

バイヤーさんが全国の料理に目を光らせているんですねきっと(^^♪

私がある団体さんと長崎に帰省した際、バスの中で「トルコライスは長崎のどこで食べるべきか?」談義をやっていて、2~3冊の長崎ガイドブックをみんなで調べていましたよ。

兵庫県尼崎市内を車で移動していると、とあるネットカフェ?の前にトルコライスあります的のぼりが~。

私は長崎市内で、友人とランチに行く時など、なんにも考えずにトルコライス食べていたのですが、いつのまにかいろんな県の人が知る料理に・・・。そのきっかけがなんなのかはわからないのですが、それで十分ではないでしょうか・・・。

トルコライスを嫌いな人もいるかと思いますが、一料理として見る、というような流れになっていってくれればいいなぁって思います(*^_^*)
(↑ちなみにトルコライス嫌いな人とはうちの旦那です。別皿に盛って・・・と言われます(;_;)主婦の敵~





スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/619-f8a6604b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。