-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-13 16:00 | カテゴリ:長崎de生きらんば
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

先日、「シャキーン」というNHKの朝の子ども番組を見ていたら、そっくり方言というコーナーで、長崎のグラバー園がでてきて、きれいなおねーさんが、「はらかく」という長崎弁を披露していました。

「腹掻く」ではなく、長崎では「はらかく」で、怒るという意味なんです。

モデル立ちしたおねーさんが「はらかく」と言っててちょっぴり言葉とおねーさんの美しさに違和感・・・とか思っていたら、なんと、そのおねーさんはロマン長崎というミス長崎の人でした~^^;

昔は「ミス長崎」と言っていたんですが、いつのまにか「ロマン長崎」に変わっていました。

なんでも、

「長崎市の男女共同参画都市宣言(平成11年9月)を受けて、これまでのミス長崎 をあらため、2000年度からも装いも新たに制定されたものであり、名称についても公募により決定しております。」

なんだそうです。

活動も長崎だけではなく、他県へ長崎をPRすべくあちらこちらへ出かけておられるようです。
大変だ~。

ブログもあって、シャキーンにでていたおねーさんは、こちらの方でした。昨年の方だったのね~。

ロマン長崎は毎年4月27日に長崎国際観光コンベション協会というところが事務局長を務める、ロマン長崎選彰委員会というところで「開港記念行事」の一環として選彰するそうです。

開港記念行事とは、

長崎港は、鎖国時代わが国唯一、海外に開く窓口として日本近代文明発展の原動力の役割を果してきたにもかかわらず、市民の港への関心は薄かったそうです。開港時期すらわからなかったそうで、史実から開港時期を1571年と認め、開港記念日を4月27日としたそうです。
そして、その開港を記念する「長崎みなと祭」という行事が昭和5年4月27日にできたそうです。

長崎みなと祭は今では、「ながさきみなとまつり」として、7月下旬に毎年行われていて、市民参加型の花火大会として定番祭りになっています。

今年のみなとまつりは7月28、29日で、自然素材使用のエコ花火8000発(28日3000発、29日5000発)打ち上がるそうですよ。
山口智充さんのLIVEや、響ローラさんのLIVEもあるようです。
↓響ローラさんこちら~♪


会場が水辺の森公園で、野外LIVEとなってしまうので、暑いなか大変なんですが、これが長崎の夏


大きな地図で見る

そして、みなとまつりでのもうひとつのイベント、それはペーロン大会。
こちらも毎年恒例なんです。
↓ペーロン大会こちら~♪


先日、私が住んでいる関西地区で夏まつりがあったのですが、おみこしを「わっしょい」と言って担いでいるのが印象的でした。
「わっしょい」って長崎であんまり聞かないかも~新鮮~とか思ってしまいました。
長崎の掛け声、意味わかんない言葉が多いんですよね。
ペーロン大会でも「ヨーイサー」という掛け声で、
おくんちでも「モッテコーイ」やら「ショモーヤレ」やら「フトーマワレ」やら「ヨイヤァ」やらで祭りの掛け声も多彩すぎ~

でも、この掛け声とドラの音や鐘の音、それが長崎の風物詩。

話をながさきみなとまつりに戻しますと~、

戦中をのぞいて定期的に行われてきたお祭りで、昔は、

「4月27日の初日には、先賢顕彰式、ミス長崎(現在のロマン長崎)選彰式、28日は、まつりの夕べ、29日には、市役所前から県庁通り、浜の町までのコースをミス長崎を先頭に、議員団の仮装行列、民謡団、企業グループなど総勢約1万人規模のパレードで賑わった。」

というようなものだったそうです。

平成5年から
「メイン会場を魚市跡地のポートアリーナに移動。翌6年からは、長崎の新しい夏祭りと位置付けて、メイン会場を松が枝国際観光埠頭に移し、開催日も7月29日から31日に変更。従来のパレードに加えて、花火大会、長崎ペーロン選手権大会、各種イベントを開催」

というようなことになったらしいです。

私ら長崎市民(私は過去だけど・・・^^;)は、こういった経緯を知らず、「花火大会に行かんば~」となんの気なしに参加しておりましたが、長崎を盛り上げようと努力している方々がずっといたということで楽しませてもらっていたんだなぁと今頃気づいております。

今も長崎を盛り上げようと思ってがんばっておられる方々や企業が、長崎におられるからこそ祭りが生きているのかなって思います。

長崎のお祭りって自治体、企業、市民が一丸となってやるお祭りで、
春は帆船まつり、夏はながさきみなとまつり、精霊流し(精霊流しはイベントではなく風習ですが、市民は各家庭の精霊船を見ることを毎年の恒例イベントにしていたりして・・・^^;)、秋はおくんち、冬はランタンフェスティバル・・・。
その間に、あじさい祭りや、居留地まつりや、中節祭やら、丸山華まつりやら・・・。

長崎に住んでいた頃はあんまり考えなかったのですが、今思うと年中イベント三昧だったんだ~と感じております。

たまたま見たシャキーンでであった長崎ロマンの方から、ながさきみなとまつりにたどり着くとは~^^;
話あっちこっちとんでてごめんなさい。

ようは和華蘭ながさきだからこそイベント三昧になり、しかも、地元企業も市民も自治体もがんばってるからこそ祭り三昧をやれるのでは~ということを書きたかったのです。

私が読んだHPの記事はこちら

ながさきみなとまつり2012のHPはこちら

雨にいたぶられている長崎ですが、みなとまつりの時は晴れるといいなぁ






スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/514-32daf221
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。