-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-03 15:00 | カテゴリ:長崎no偉人
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:漫画
順天姉です。

「坂道のアポロン」というマンガをご存じですか?

長崎県佐世保市出身の小玉ユキさんの代表作なんですが、4月からアニメ化になるんだとか~

私はコミックで読んでいて、今8巻までしか出ていないのですが、雑誌flowersの方ではもう終わっちゃってるんだとか・・・続きが気になると思っていたところに、アニメ化~

主人公は横須賀から長崎に転校してきた高校生の男の子なんですが、長崎が舞台なので、その主人公以外はみんな長崎弁の会話。

ここからとっても好感もてます。
長崎弁で育ったので、長崎弁の会話聞くとほっとするんですよね^^;

以前子どもの本のご紹介で「長崎少女シェフ物語」という本をご紹介したと思うのですが、
この本も長崎が舞台なので登場人物ほぼ長崎弁。


著者の堀直子さんは、生まれ群馬県なのですが、平成3年から長崎に住んでいるんですって。
だからか長崎弁の会話がとってもリアル。

今なんとなく私も関西弁なんて使っていますが、長崎弁混じりなんで娘の言葉が変なんです^^;
仕方あるまい、そんな親のもとに生まれたんだ・・・と開き直ってたりして・・・

アニメ化に伴い、長崎弁にスポットライトあたるといいなぁ

↓主人公の相棒。川渕 千太郎くん。長崎っ子という設定。リアルな長崎弁が魅力~
時代設定が1960年代という事になっていて、古き良き長崎・・・ちょっと貧乏臭さが残る長崎の生活なんかも魅力です。(ま、長崎今も潤っちゃいないけど^^;)坂の上の学校という設定も長崎っぽくてジャズが主人公達の青春を表しているようなんですが、1960年代の佐世保市はジャズあふれる町だったんでしょうか~?長崎市生まれなのでそこんところはわからない~恋も友情も濃い時代が描かれています




アニメ化に伴い今の心配ごと・・・自分が長崎弁育ちなので、読む作業では自分のイントネーションで長崎弁を感じ取ることができるのですが聞くと違和感があるのかも

でも、でも期待の方が大きいです。
声優さん達、長崎弁がんばって~(^.^)/~~~

長崎ではKTNで4月22日(日)の深夜2:20~2:50の放送だそうです(^^♪

アニメ坂道のアポロン公式HPこちら
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/471-f8d9e0ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。