-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-02 15:45 | カテゴリ:長崎de食べんば
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

先日旦那が、これ知ってる?
と、youtubeの動画を見せました。
↓これです。


「なんだ、フランソアのCMやかね」
「フランソアってパン屋さんがあるん?」
「あるよ、山崎パン屋とかとおんなじさ」
「そんな大きなパン屋さんなんか~。」

と・・・。

そうか、ところ変わればパン屋も変わるじゃないけど、こちらに「フランソア」がない事に気がつかなかった~

順天妹にこの話をしたら、「あんたフランソアを知らんのか」と、ダイワハウスCM上野樹里ちゃん調で言ってました。私もそう思ったけど^^;

そういえば、私の好きなリョーユーパンのマンハッタンも見かけません。
マンハッタンというハードタイプのドーナツにチョコレートがかかってた菓子パンがあって、お腹すいた時の私のおやつだったのですが・・・。

東洋軒さんとマスサキパンさんの有名商品サラダパンが、長崎にしかない事は後でテレビ番組で知りましたが、これも私が生まれた時からあるパンなんで、他県にはない・・・という事実に驚愕しました

ヤキリンゴというパンも長崎しかないって聞いたけど・・・、

これは私が住んでいる近くのスーパーにありました。
長崎のヤキリンゴパンにはリンゴが入っていない事で有名なんですが、
こちらのヤキリンゴパンにはちゃんと入っていたので、名前は同じですが、
まったくの別物だったです^^;

↓こちら、関西で見つけた焼きりんご。ブッセタイプのやわらかい生地で、
ヤキリンゴ1
↓中のクリームにリンゴが入ってた^^;
ヤキリンゴ2
長崎のヤキリンゴにはたしかリンゴは入ってなかったはず・・・しかも生地はブッセ?なんかマルボーロっぽかった記憶が・・・

長崎とパンは案外縁が深いらしい。
それは長崎は、キリスト教徒が多かったからです。
キリスト教の儀式には葡萄酒とパンは欠かせないものという事から、パンを食べる=キリスト教徒とみなされたのだとか。パンを焼く事は日本人には禁じられていましたが、パンを伝えた異国の人達には特別に許可が下りたのだそうです。パン屋さんも一時は外国人経営者がたくさんいて、大浦の外国人居留地に何軒もあったそうですよ。

日本人がやっとパンを食べられるようになったのは明治になってからなんだとか。
長崎の日本人で製パン所を始めたのは、大浦の電車の終点付近にあった片岡商店で、明治の初め頃から外国艦船に生鮮食料品を納めていて、明治10年(1877)ごろ製パン所を併設したのだそうです。
次にできたのが浜辺製パン所というパン屋さんで、かなり繁盛したのだとか。

今日の長崎の大きな製パン屋さんは、以前記事で紹介した「トランドール」さんかなぁ。なんせJR九州グループだもんね。

駅に店舗があるので便利でしかも美味しいです。
順天からは浦上駅が近いので、朝、パン食べようかなーーなんて時に「トランドール」さんに行きます。
トランドール

そうそう、順天はこころ医療福祉専門学校さんへ移動販売に行ってるのですが、そこには順天のご近所さんの、さんらいずという菓子パン屋さんも来ています。
障害福祉サービス事業所の菓子パン屋さんです。
ホームページにはお菓子の紹介がしてありますが、クリームパンやラスクもあるらしい。
順天妹がよくここの話しをしてくれます。作っているところが順天のすぐ近くなんです。
販売は移動販売が主なようですが、見かけたら手にとってみてください(*^_^*)

さんらいずのHPはこちらです。
他、アビのパンというパン屋さんも障害者の方々のお店です。HPはこちら

日本人は焼いちゃダメ~っていってたパンが、今は障害者の人達の生活の基盤となっていたりするところがすごいなぁって思ってしまいます。

毎月12日はパンの日なんだとか。

その由来は、
日本人ではじめて本格的にパン製造を行ったのは、伊豆韮山の代官で、軍学者でもあった江川太郎左衛門さんです。その師、高島秋帆さんの従者に長崎のオランダ屋敷に料理方として勤め、製パン技術を覚えた作太郎さんという人がいました。

江川太郎左衛門さんは、作太郎さんを伊豆韮山の江川太郎左衛門宅に呼び寄せ、パン焼き窯を作り、1842年4月12日、記念すべき「兵糧パン」第1号が焼き上げました。「兵糧パン」はヒット商品になったそうで、水戸や薩摩でも、同じようなパンが作られるようになりました。

そこから12日は毎月パンの日としてたくさんのパン屋さんが普及のためセールを行うらしいです。

江川太郎左衛門は軍学者だったので、兵隊さんたちがご飯の時、お米を炊くと煙がたつから敵に見つかってしまうので、煙がたたないパンがいいと言う事で「兵糧パン」を作ったのだそうです。

明治からこれだけの広がりをみせたパンですが、
フランソアからこれだけの広がりを見せる記事を書く私の頭はどうなっているんだーーーって感じです
まとまらない記事でごめんなさい~











スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/414-44ce9b12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。