-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-11 15:41 | カテゴリ:長崎no農水産物
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

先日、めったに行かないスーパーで、アイコというトマトを見つけました。

そういえば、ぴったんこカンカンでゲストが前川清さんの回でも、佐世保市の市場でアイコという名のトマトを紹介されていました。

アイコというトマトは、ミニトマトで、ロケット型をしています。
果肉は固めで、中身が詰まっている感あって、食べ応えがあるトマト。
切っても型崩れしないです。

なんでも、皇室の愛子様にちなんでつけられた比較的新しい品種のトマトなんだとか。
長崎でも栽培されていますが、日本各地で作られており、家庭菜園でも人気の品種なんですって(^.^)

長崎のトマトは「高島フルーティトマト」、「ダイヤとまと」などがあります。

「高島フルーティトマト」はめっちゃ甘くて美味しいです。トマトの酸味が苦手な方にはお勧めです。
「ダイヤとまと」は残念ながら食べた事がないのですが、ダイヤモンドスタッフという、三菱関連企業御用達の人材派遣会社の農業部が作ったトマトらしいです。

私もお世話になっていたダイヤモンドスタッフ。
三菱バックの人材派遣会社なので、三菱体育館を無料で使えるのが魅力~♪だったのですが、今もそうなのかしら??

いまでは農産物の販売、加工、直売所までもっている・・・私がいたころと変わってきています。

こういった農水産物が実は長崎の宝であるという事にたくさんの人が気が付き始めたという事なのでしょうか・・・。

ぜひ、全国のみなさんの食卓を守る使命がある事を忘れない長崎、でいてもらいたいと思います(*^_^*)

↓私がみつけたアイコは南島原市のものでした(^^♪
トマト1
↓実はダイエット目的で買ったんです。間食には野菜を~というテレビ番組を見たので^^;間食にはぴったりでした。今実践中・・・おなかの肉ちょっと減ってきた~
トマト2

高島フルーティトマトのHPはこちら
永田農法で栽培されていたんですね。土地の力を最大限に生かすという農法らしいです。

うちのご近所の「プティココット」というかわいい西洋料理屋さんがあるのですが、毎年、高島トマトのシーズンにはトマトづくし料理がでるそうです。食べたい~(HPめちゃかわいいです。クリックすると鍋から湯気がでる~

ダイヤとまとについてはこちらをどうぞ♪

そして~もしかしてトマトが余ったら♪

↓暑くい時に美味しいのが、トマトのチャーハン。余ったトマトで作れるので便利です。
トマト3
グッチ祐三さんが、作っていたよ・・・と、関西に来て右も左もわからない私を心配して、親しくしてくれたおばさん(今は私もおばさんだけど、まだ当時私も若かった^^;)が教えてくれたのがこの料理。

私が長年作る上で、かなりいい加減なレシピになってしまいましたが、トマト半個分くらいの量(私はいつも寄せ集めのトマトを使っています)をバターで炒め、ジュクジュク状になったところに茶わん1杯分くらいの御飯(冷御飯OK)を入れて炒め、醤油をさらっと回してかけてさらに炒めて完成です。途中塩、胡椒で味を調えるのかも~。しかし、めんどくさがりやの順天姉は塩、胡椒カットでやってます(^_^;)
暑くて食欲のない日でも食べられますよ










スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/350-6ff6eec1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。