-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-29 15:22 | カテゴリ:長崎woさらかんば
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

先日、小笠原諸島(東京都)が自然遺産に、平泉の文化遺産(岩手県)が文化遺産として世界遺産に登録されました。日本のいいところがまた2つ世界に飛び立っていきました。喜ばしい事ですね(^^♪

長崎にも「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」というお題で、2007年に暫定リストに掲載されているところがあります。

長崎の教会で一番古いのが大浦天主堂なのですが、まだまだ使っている教会です。
結婚式も行われますし、観光にも一役買って、入館料もいるんでございます。(大人300円だったと思います。)
地元にいた私は、外からはいくらでも観ましたが、中には入った事ない~(:_;)
いつでも入れると思ったら、逆に入らないもんですよね~^^;

他、浦上天主堂や、黒島天主堂、旧五輪教会堂、青砂ヶ浦天主堂、頭ヶ島天主堂、田平天主堂、出津教会、大野教会、堂崎教会、旧野首教会、江上教会、宝亀教会、神ノ島教会、黒崎教会、紐差教会、大曾教会という教会が「教会群」という言葉の中に含まれています。

長崎は教会と言ったらきりがないくらい山ほどありますもん。それくらい信者も多いって事です。

しかし、その信者の方々が実は長崎をひっぱってくれて、ここまできたのではないかなって思います。

先日、「長崎原爆記」という本を読んだのですが、秋月辰一郎さんというお医者さんの原爆投下から1年間の長崎の生活が書かれた本なんです。

とてもショッキングで、わかる町名がでてくるだけに
「読むのが怖い~」とおそるおそる読んだ本でした。

原爆が投下された所が、浦上天主堂の近所だったからかもしれませんが、その惨状の中、人々は祈って生活していたという様子が書かれています。

原子野の中で食べ物をさがし、みんなで分け合って食べ、傷ついた人を助け、そして祈っていたそうです。

秋月先生は聖フランシスコ病院の医長だった方で、本の中には長崎大学病院や高原病院など、長崎市の人なら知っている病院が出てきます。

長崎市の年配の方々は、自分のごひいきの病院をもっていて、
「私はこの病院しか信用せんと」とか言って、聞きません。
しかし、それはこれらの病院が被爆者をたくさん助けてきたという歴史があるからなんだ~と知りました。

そして教会は人の心を助けてきたんです。

私はカトリックではありませんが、世界の中での長崎のカトリックが他と違うという面がここに出ていると思います。

長崎市のカトリック教徒の人達は、結婚もままならない事もある。カトリック教徒の親はカトリック教徒の人との結婚を望んでいる事が多いです。
結婚する時は、勉強会もあるらしい・・・。
勉強会とミサで日々忙しい。
家に行けば、仏間にはマリア様、壁にはローマ法王の写真。
みんながみんなじゃないかもしれませんが、私がおじゃましたカトリック教徒の家庭には仏壇と同じような感じで、お位牌ではなくマリア様が置いてあったりしました。

キリシタン迫害にもめげず、原爆にも負けなかった長崎のカトリック教徒の方々。

そんな方々にもスポットライトがあたってもいいのではないでしょうか・・・。

長崎へお越しの際はぜひ教会群も見てみてくださいね(*^_^*)

↓浦上天主堂です。原爆投下後の立て直した教会なので、きれいです(^^♪中には原爆の資料室もあるようです。いまもなお信徒の方々多く、友達が「ミサに行かんば」とよく言っていました。この中で何がとり行われているのだろう??私の中の謎です(^.^)
浦上天主堂1

↓こちらが大浦天主堂です。日本最古らしいです。クリスマスの時の撮ったらこんな感じでした(^^♪
大浦天主堂

そして、こちらが長崎原爆記。初版は昭和42年なので、これは新しく出版されたもののようです。(私が読んだのは昔のもの)アマゾンの戦記体験記部門で12位の本だそうです。買わなくても図書館で借りれると思いますよ(*^。^*)

著者の秋月先生についてはこちらのHPにインタビュー記事が~♪
今も坂の途中にそびえたつ聖フランシスコ病院。昔は浦上第一病院と言われてたそうで、秋月先生が思いつきで聖フランシスコ病院に名前変えたそうな・・・と、本に書いてありました(^.^)

フランシスコ病院HPこちら(沿革というページにリンクしてます)

そして、そして、この本の中で最後に(あとがきに)
戦災者根性という事が書かれているのですが、

「便所にスリッパがない、ないのは当たり前だ、戦災だから。庭が荒れている、荒れているのは当たり前だ、爆心だから。ひげが伸びている、耳あかがたまってる、当たり前だ、戦災者だもの。」

こういう心の雑草を戦災者根性と書いてあります。

低い心根より高い美しいものを見なければ・・・とも書いてあります。

いつも、いつも、高みを目指してきた人達がいたからこそ、今日の長崎があるのだと思います。

長崎から世界遺産をHPこちら
他長崎から世界遺産を~運動中のものは
軍艦島
九州・山口の近代化産業遺産群(長崎県もはいっています)


世界遺産とは?
私的には地球全てが遺産だと思うのですが・・・。
ネイティブアメリカンは7代後の人の事を考えて、事を起こすのだそうです。
もう全てがつながっているとわかってしまった私達は、地球すべてを遺産として個人レベルで考えるときがきているのでは??

私達も高みをめざそう(*^^)v
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/343-6aa62668
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。