-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-03 12:15 | カテゴリ:長崎no偉人
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

こちらのスーパーでも「茂木ビワ」をあちこちで見かける季節になりました。

茂木ビワは、三浦シオさんという方が種をもらって育てて、それが今につながり茂木の産業となっているのです。

1818年に三浦シオさんは、長崎市の北浦町というところでお百姓さんの次女として生まれました。

↓北浦町このへん~♪


当時のお百姓さんの娘は、長崎の商家や旧家に女中奉公に出すのが一般的でした。シオさんも長崎の代官屋敷へ女中奉公に出ました。ある時、その代官屋敷の代官が唐人船の船主から贈られた中国のビワの実が大きくて味が良いのに驚いていました。そんな光景をシオさんも見ていました。そして、その種をもらって自宅に持ち帰り、庭にまいて育てたのだそうです。

日本に従来あったビワよりも、大きく、味の良い木に育ち、近隣の人が接ぎ木させてくれっと栽培する人が増え、茂木一帯はビワの産地になったのだそうです。

今では茂木ビワは全国で有名になり、三浦シオ様、様です。

ちなみにシオさんは当時、見合いが一般的な結婚だったにもかかわらず、漁師の男性を好きになり、駆け落ちして3人の子供を育て、ビワを広めたという功績から親の勘当も解かれ、そして、家族に囲まれた生活を送り80歳でなくなったそうです。

今は北浦町のお墓で旦那さんと一緒に眠っているのだとか・・・当時の女性としては、なかなか勇気ある人だったように思います。

・茂木へは長崎バスから茂木行きバスが出ています。
・バスに乗ると田上(たがみ)というところが山のてっぺんで、そこまで坂でのぼったか~と思ったら、下りの道が延々続きます。その下りの道々にビワの木々がたくさん見えます。そして下りの道の終わりが茂木港です。
・茂木港からは天草行きフェリーも出ています。
・茂木港では高級魚を獲って関東関西方面に送っているらしいです。
・茂木には一口香というお菓子屋さんがあります。
・海水浴場もあります。
・ペーロン大会も茂木くんちもあります。
・二見という料亭があり、有名店らしいです。
私が食べたところが二見かは忘れちゃったのですが、海が見える部屋での魚料理はめちゃ気分いいです。茂木町では何軒かの料亭があります。魚料理はどこも評判のようです。

茂木のHPはこちらです。

私は茂木にある高校へ通っていたのですが、当時はなんて辺鄙な学校を選んでしまったんだ~(;_;)とちょっぴり後悔してました。バス2つ乗り継いでの通学はめっちゃ大変だったです。

しかし、茂木という町から考えてみれば、なんて素敵な町で学んでいたんだろうと今は思っています。高校には海も山もありました。今は閉校になってしまって残念な事なのですが、茂木の自然の素晴らしさと茂木ビワはいつまでも残ってほしいです。

↓私が行っていた高校。校庭から海に降りられるという学校でした。ボート部とかもありましたよ。
茂木1
↓制服は緑でした。この深緑はなんだ???それは茂木ビワの葉の色をイメージして作った・・・と先生が言った時
_| ̄|○ となった事を覚えています。
茂木2
↓ジャージの緑も茂木ビワの葉のイメージだそうな・・・。
茂木3
↓で、橙色のジャージは茂木ビワの実のイメージ。
茂木4

今考えるとおもしろい事考える先生たちだったんだな~と実感。当時めっちゃイヤだったけど^^;

長崎市は東日本大震災で学校の施設が壊滅的な被害を受けた中学校・高等学校に対して、学校単位で施設等を提供し、就学支援を行うことを決定しています。受け入れることになった場合、この学校の校舎を教育施設に使用することになっているらしいです。役に立ってくれればいいな~(*^。^*)
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/334-e6ef42b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。