-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-02 14:28 | カテゴリ:長崎de買わんば
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

そろそろインテリア用品もガラス製品が、目に涼やかな印象を与える季節になってきました。

ガラス製品やガラスの事をポルトガル語でビードロというそうです。
室町末期、長崎に来たオランダ人が製法を伝えたのだとか。

そのおかげで、長崎のお土産物のひとつとしてビードロというおもちゃがあります。

ホントはポッペンというのだそうですが、歌麿の浮世絵の中に ”ビードロを吹く女”という有名な作品があって、そこから多くの人がビードロと呼ぶようになったのだそうです。(私もビードロだと思っていました~^^;)

息を吹きこむと「ポッコン」と甲高い音が出ます。ガラスにしてはめずらしく弾力のあるガラスを使っているのだそうで、底の部分が薄くなっているので、あんまり強く吹くと割れるそうな・・・。

娘のために買ってきましたが、

「あんまり強く吹くな~!!!割れる~~~!!!」と言わなくてはならないので、幼児には向かない気がします。昔はおもちゃではなく、お正月に一年の厄落としの意味を込めて吹いたのだそうです。

音の波動は浄化作用があるといいますもんね。
実はスピリチュアル用品だったんですね~(^_^;)

見た目、涼やかでとてもきれいだし、お値段もお手頃なので、お土産には最適かと思います。

お土産物屋さんならどこにでも売っていると思いますが、選びたいならグラバー園の近くが多いかも。

私がよく入るのはこちらのお店。なんせ、長崎に帰省するたびにグラバー園に行ってるんで・・・南山手が好き
グラバー園への入口までのお土産物屋さんが両脇に並ぶ道はなんか大・大・大好物です。(グラバー通りといいます。)絵付けの体験もできるそうです。(グラバー通りの写真こちら~)

体験は瑠璃庵というガラス工房屋さんが有名です。行った事ないので、詳しく説明できなくてごめんなさい。場所はグラバー園のまあまあ近所の松が枝町というところ。HPないみたい~。

中華街の近所にもビードロ屋さんあるようです。
・雲仙市にはビードロ美術館があります。HPこちら
・ハウステンボスの中には「ギヤマンミュージアム」というガラス製品がたくさん展示されている館があります。ギヤマンとはオランダ語でガラスの意味なんです。
・カステラで有名な砂屋の本店店内でもギヤマンコレクションが見られるそうです。
・長崎水辺の森公園にはビードロの道というガラス玉のような玉石を敷きつめたところがあります。
『大地の広場』の真ん中「舞々広場」へと螺旋を描きながら続いていきます。(ビードロの道こちら

長崎のビードロ情報・・・お役に立てたらいいのですが・・・・皆様が涼しい夏を過ごせますように(*^_^*)

↓軽いです。繊細なガラスなので、ちょっと強く持ったら割れそうなくらい・・・娘には見て楽しませている私でした^^;
ビードロ
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/333-59249f24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。