-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-16 14:22 | カテゴリ:姉no部屋
ジャンル:地域情報 テーマ:災害情報
順天姉です。

昨日、関西のローカル番組「ちちんぷいぷい」を見ていたら、被災者がいま使えそうな生活の知恵を紹介されていました。

私達もいつ被災者になるかわからないので、頭の隅に入れておくといいかも・・・・と思いましたよ。

阪神淡路大震災でとても役にたったものが
キッチンラップ
ゴミ用ポリ袋
レジ袋
なのだそうです。

ポリ袋は身体に巻きつけたり、頭からかぶったりできて寒さをしのげるそうです。

水の運搬時に汚いバケツでもバケツの中にゴミ用ポリ袋をかけて、中に水を入れてしばって運搬するとガレキの上でも水がこぼれずに運搬できるそうです。

新聞紙をまるめてゴミ用ポリ袋の中にいっぱい入れて、その中に足を入れると暖をとれるそうです。
たくさん作って簡易布団にするといいとテレビでは言っていましたよ。
新聞紙は身体に巻きつけても案外暖かいそうです。そして、新聞紙を使う時はいったん丸めてシワシワにした後で開いて使うと空気の層ができてよりいっそう暖かく使えるそうですよ。

ラップは紙皿に巻いて、紙皿を洗う水を節約するために使えるそうです。巻いたラップだけ捨てれば洗わずにまた紙皿が使えますと言っていました。

レジ袋は、汚いお水をお湯にしてレジ袋の中に食品を入れて湯せんにして暖かい食べ物が作ったりできるそうです。

こういった情報はこちらのHPから番組の内容を作ったようです。
一度は見ておくと役に立つ日がくるかも・・・。

グーグルの避難所名簿共有サービスの件も紹介されていました。

なるほど~な話ばかりだったのですが、この知恵がまずは被災地に伝わればいいなぁと思います。
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/285-418efbba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。