-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-14 15:37 | カテゴリ:長崎de遊ばんば
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

チリの鉱山のみなさんは無事に全員救助されてほんとうによかったです。
ずっとテレビを見ていたのですが、ちょっぴり涙ちょちょぎれちゃったりして・・・。

私も旦那が危険作業をしているので、もしこんなめにあったらどうしようって想像してしまいました。

ところで、鉱山といえば、長崎もほんのちょっと前はこんな感じの仕事をしておられる方がたくさんいたのです。
炭鉱がたくさんあって、「高島炭鉱」「端島炭鉱」「池島炭鉱」「崎戸炭鉱」「大島炭鉱」「伊王島炭鉱」などがありました。が、閉山。必要があるとどっと人が増え、必要なくなると、潮が引くように人がいなくなる。怖いですね~。

しかし、産業遺産としての価値が再評価され、「端島炭鉱」があった端島、別名軍艦島は上陸ツアーがあったり、付近をクルージングしたりできます。

伊王島炭鉱」があった伊王島は「やすらぎ伊王島」といって、天然温泉を完備したリゾート施設を充実させ、海水浴場もあります。

いろいろな形で土地の活用を考えてもらえれば、長崎も少しずつピカピカになっていくのでは~

私は今年、伊王島の海水浴場「コスタ・デル・ソル」というところに行ってきましたが、すんごい海の水がきれいで、大阪産の旦那が「ここは行きたい」と言ってました。ほらごらん「暑いから」と言って来ないからよっ!!
「コスタ・デル・ソル」ってスペイン語で「太陽の海岸」っていうんですって。
ちょっと小じんまりした海水浴場でしたが、桟敷はきれいだったし、子供用のプールはあるし、いつも子連れの私にはもってこいの海水浴場でしたよ。

伊王島へは船で行きます。所要時間は20分くらい。長崎港から船が出ています。
↓伊王島の船着き場です。
伊王島7
伊王島8
↓海水浴場へは船着き場からすぐバスが出ていて、所要時間は5分くらい。すぐでしたよ。
伊王島6
↓平成12年に新しく生まれ変わった海水浴場なんだとか。設備もまだまだきれいでした。
伊王島4
伊王島3
↓でも一番きれいだったのは海水だったりして。ね?きれいじゃないですか??大阪産の旦那も絶賛してましたもん。
伊王島5
↓海水浴場はこんな感じ。ちょっと小ぶりな感じですが、子供を遊ばせるならもってこいかも。だってどこにいるかわかるでしょ。砂浜だから足も痛くないしね。
伊王島1
伊王島2
↓船着き場で帰りのフェリーを待っていたら、軍艦島行きの船に出会いました。
ブラックダイヤモンドって名前も素敵ですね(*^_^*)
伊王島9
そして帰りのお楽しみは船の待合所にカフェがあったのですが、そこのチュロスがめちゃウマでした。待合所の私達が座っていたベンチの後ろの席でチュロスを食べていた子供達を、うちの娘と息子がもの欲しそうに見てるんだもん。買わなきゃならなくなって、仕方なく2人で1本食べろと暴挙にでた母(私)でしたが、ちょっと私が食べてみると、「うまい~」。ケチらなきゃよかったぜ!!と後悔しました。今度は人数分ちゃんと買おう・・・もちろん、私もね。そして、旦那も連れて行ってあげようって思いました(*^。^*)
チュロス

伊王島のサイトはこちらです。
私は海水浴と温泉付きのパック料金で行ったのですが、来年どうなるかわかりません。調べて行ってくださいね。船の時間も調べた方がいいですよ。そこそこ便はありますが、自分が行きたい時間に船は出ませんし~ってそれは私の事~^_^;行こうと思ったら、船の時間がなくて午後遅くに行った私。最後まで伊王島にいたわ~、泊ろうかと思った。ホントは泊りたかったけど、お金持ってなかった~(>_<)




スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://juntengirl.blog134.fc2.com/tb.php/183-8ab0ba29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。