-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-21 19:13 | カテゴリ:長崎woさらかんば
ジャンル:地域情報 テーマ:長崎
順天姉です。

恒例のながさき紫陽花(おたくさ)まつりが5月24日~6月15日まで開催されます。

この時期、あじさいまつりと検索すれば、どっと出てくるので、日本人にとってあじさいって大事な花なのですね。

な~んて思っていたら、あじさいって1000年くらいまったく人気がなかったんですって。

あじさいは日本が原産地だそうで、ガクアジサイというタイプが日本固有のものなんだとか。
↓ガクアジサイこちら~♪


もうひとつタイプがあって、それはホンアジサイというのだそうで、普段私たちがよく見ているのはこちら。


万葉集でも、「味狭藍」「安治佐為」、平安時代の事典でも「阿豆佐為」なんて字ででてくるそうで、
「味」は評価を、「狭藍」は花の色を示すという説、
「厚咲き」が転じたものであるという説、
「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものとする説、←これが一番有力説らしい。

と、言葉だけでも実は謎めいている花?

「紫陽花」という字は実は
「唐の詩人白居易が別の花、おそらくライラックに付けた名で、平安時代の学者源順がこの漢字をあてたことから誤って広まったといわれている」とウィキペディアに・・・

なんだかライラックがかわいそう~^^;
↓ライラックこちら~(^^;)


しかも、昔の人は「バケバナ」「ユーレイバナ」といって嫌っていたんですって。
あじさいは梅雨の時期に咲く花、医療が発達していない時代にはその梅雨の時期は病死者が多かったらしい。で、寺によっては死者に手向ける花ともいわれたらしい。←だから「バケバナ」「ユーレイバナ」というのかは定かではないのですが~歯切れの悪いウンチクですみません

しかし、そこで長崎に来ていたドイツ人医師にして博物学者シーボルトが、えらくあじさいを気に入り、あじさいを自分の妻の名「オタクサ」と命名し、ヨーロッパへ紹介、
品種改良された色鮮やかなあじさいが、戦後、鎌倉の明月院や千葉の麻綿原高原天拝園に植えられ、あじさいブームの火付け役となったのだとか。

と、あじさいだけでも背景にさまざまなドラマがあるのに、

そのあじさいをヨーロッパに紹介したシーボルトにもドラマが・・・

以前、ロケみつという番組のヨーロッパ縦断ブログ旅というので、オランダを旅している回を見たのですが、番組の親玉Dさんとやらが、シーボルトの大ファンで、歴史上一番好きな人物なんだとか・・・。

で、シーボルトうんちくを詳しく説明されていたのですが、

シーボルトは日本を一番愛してくれた外国人なんだそうです。

鎖国時代、オランダ人しか日本の出島に来られなかったため、ドイツ人医師だったシーボルトは、日本に行きたいあまり、オランダ人と偽って入国したのだとか。(日本に来たのはプロイセン政府から日本の内情探索を命じられたからという説もあるそうです。)

その後、今度は出島の外に出たいという気持ちから、出島の外の人を助けたい。無償で助けるぞと幕府に訴え出島の外に出られるようになったのだとか。そして、人々を助けるうち、さらに日本愛はエスカレートし、町の人たちの物と自分のヨーロッパ品を交換し、日本の物の収集。ヨーロッパに持ち帰っていた・・・という人物。

その収集物がオランダのシーボルトハウスというところに展示されているそうです。

↓日本が好きすぎて日本家屋までもって帰りたかったけど、できないので、材料からなにから日本のもので、忠実に作らせた日本家屋模型がシーボルトハウスにあるらしい。
シーボルトハウス
↓シーボルトハウスにもあじさいが咲き誇っているんですね・・・少々昔のもののようですが~^^;
オタクサ2
オタクサ1

結局シーボルトは、日本の物を収集して、海外に持ち帰っていたことがバレ、妻お滝さんと子どものおイネさんを残し、国外追放に~。
でも、帰国してからも地球儀の日本あたりを摩耗するくらい触っていたんだとか・・・。
日本がこのまま鎖国を続けると日本にとって不利益だと、日本の開国をオランダ国王に進言したり、ロシア宰相やアメリカのペリー提督へも平和的開国を~と進言していたそうです。

ロケみつの親玉Dの策略?ってくらい、調べていると、だんだんシーボルトが好きになってきました

オランダにはシーボルトハウスですが、長崎にはシーボルトが作った私塾「鳴滝塾」跡地に隣接したシーボルト記念館があります。シーボルトを好きになったのは私だけではない

毎年5月下旬から6月中旬くらいまで、長崎の町は紫陽花(オタクサ)で、シーボルト記念館、出島、中島川周辺、グラバー園などを彩ります。

長崎市の紫陽花まつりに紫陽花(おたくさ)とつくのは、他のあじさいまつりと違った意味合いのあじさいまつりですよ~というアピールだと思います(^^)

↓でもおたくさというと、今の長崎市民はこっちなんだよね~シーボルトごめんね~(^^;)
おたくさ (18枚入り)

おたくさ (18枚入り)


↓昔の紫陽花まつりですみません。今年のはあなたの目でどうぞ


長崎さるくではシーボルトとお滝さんについての史跡めぐりをしながら紫陽花をめでる企画がたっているようですよ。→こちら
こちらには紫陽花まつりについての問い合わせ先が~(^^)

うちの近所ももうちょっとで花さくかな?
紫陽花


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。